介護老人保健施設の役割の1つに「リハビリテーション施設」としての位置づけがあります。他職種からなるチームケアをベースに、リハビリスタッフが「集中的な維持期リハビリテーション」を提供し、体力向上や基本動作能力の維持・改善、活動への参加促進など生活機能向上を目的に支援を行います。

当施設でのリハビリテーションは、大きく分けて入所リハビリとデイケア(通所リハビリテーション)リハビリを行っており、利用者とご家族の希望をお聞きしながら、施設やご自宅での生活を支援しています。

 

―入所リハビリテーションについて―

新規利用者の方に対しては、入所されて3ヶ月間はほぼ毎日、身体面および精神面(認知症症状等)へのリハビリを提供し、できるだけ在宅復帰していただきたいと思い支援しています。

「立てるようになれば」「トイレに行けるようになれば」「家の中の移動が自立できれば」等の、在宅復帰を考えるにあたっての利用者・ご家族の希望を、医師と連携を図りながらリハビリを実施し、目標に近づく援助をします。在宅復帰される際には、居宅サービス事業所とも連携し、当施設のデイケア(通所リハビリテーション)をご利用の際は引き続きリハビリを提供することも可能です。

入所されて3ヶ月を超えると、リハビリスタッフが提供するリハビリは基本的に2回/週になります。施設の中での日常生活動作を「生活リハビリ」と捉え、それぞれの生活の質の向上ができるよう支援します。

 

―パワーリハビリテーションについて―

パワーリハとは筋力強化を目的としたものではなく、マシントレーニングによって全身各部の普段使っていない筋肉・神経を動かすことにより、日常生活動作・体力・活動性の維持・改善を図り、なおかつ心理的活動性の維持・改善を目指したものです。

 

 

維持期、特に介護老人保健施設でのリハビリは、機能訓練ばかりではなく生活の中でできる動作を積極的に行っていくことや他者との交流・日常会話がリハビリになることを理解していただき、利用者・ご家族・他職種スタッフとともにリハビリに対しての意識改革が行えればと思っています。
7名(作業療法士:5名、理学療法士:1名、言語聴覚士:1名)のリハビリスタッフが、利用者とご家族が笑顔で過ごされることを精神面と身体面の両方からお手伝いいたします。